【2024年最新】マットレスおすすめ10選!人気商品を徹底比較!



ここでは、2024年最新のおすすめマットレスを10選ご紹介します。人気のマットレス20商品を3つの項目(価格・素材・硬さ)でも比較しています。

どのマットレスを購入しようか迷っておられる方は参考にしてみてください。

人気のマットレス20個を3つの基本項目で比較!

価格(税込)
素 材
硬 さ
1.モットン
39,800円~
ウレタン
やや硬め~普通
2.エマ・マットレス
108,000円~
ウレタン
やや硬め~普通
3.エムリリー優反発マットレス
30,980円~
ウレタン
普通~やや柔らかめ
4.SOMRESTA マットレス PREMIUM
49,800円~
ウレタン
やや硬め
5.ブレインスリープ マットレス フロート
88,000円~
ファイバー
やや硬め
6.快眠タイムズマットレス
50,000円~
ウレタン
やや柔らかめ
7.NELLマットレス
75,000円~
ポケットコイル
普通
8.リムネマットレス
79,900円~
ウレタン
やや柔らかめ
9.源ベッド 夜香ハイグレード2
28,900円~
ポケットコイル
やや硬め~やや柔らかめ
10.ドクタータフィ・プレミアマットレス
39,800円~
ウレタン
やや硬め~普通
11.エアウィーヴ ベッドマットレスS01
110,000円~
ファイバー
やや硬め
12.ニトリ Nスリープ ハード03 VB
32,890円~
ポケットコイル
やや硬め~普通
13.New コアラマットレス
82,000円~
ウレタン
普通~やや柔らかめ
14.エアリーマットレス ハイグレード HG90
33,880円~
ファイバー
やや硬め
15.雲のやすらぎプレミアム
39,800円~
ウレタン
普通
16.シモンズマットレス ゴールデンバリュー
176,000円~
ポケットコイル
やや硬め
17.イケアマットレス ヴェステロイ
18,990円~
ポケットコイル
やや硬め~普通(かためタイプ)
18.イーズ バイ テンピュール
132,000円
ウレタン
普通
19.フランスベッドマットレス TW-010α
55,000円~
連結コイル
やや硬め
20.マニフレックス マットレス モデル246
40,480円~
ウレタン
硬め
※価格については、キャンペーンなどによりもっと安く販売されていることがあります。硬さは独自の調査に基づき判断しています。個人差もありますのでご注意ください。

【2024年最新】マットレスおすすめ10選!


2024年最新のおすすめマットレスを10個厳選してご紹介していきます。どれも人気のあるマットレスばかりなので、最終的には好みで選んでも構いません。なお、それぞれのマットレスに関する寝心地や腰痛に対する効果などには個人差があるのでご注意ください!

1.モットン

価格(税込み)シングル:39,800円、セミダブル:49,800円、ダブル:59,800円
配送料無料
販売会社名株式会社グリボー
販売会社住所(本社)福岡県福岡市中央区天神3-8-13 Great leapビル303
購入先公式サイトはこちら

モットン」は、腰対策マットレスとして知られています。「腰痛が軽減した」「腰が痛くない」という口コミが多く見られます。

モットンは体をふんわり押し上げてくれるような寝心地で、朝まで快適に眠ることができます。硬さを体重に合わせて選ぶことができるのもよいです。

どのマットレスにしようか迷った方はモットンがおすすめです♪



モットンの公式サイトはこちら!


中立~悪い口コミ

モットンは腰対策マットレスのため、腰痛に悩まされている方が購入されることが多いです。腰痛が軽減することへの期待値がきわめて高いです。その分、効果がなかった際の落胆が大きく、口コミでそのことについてよく触れられます。また、怪しいと感じる方も結構いるようです。SNSなどで多くの人が高く評価しているのが原因と考えられます。良いか悪いかは個人の判断ですが、決して怪しい商品ではありません。

良い口コミ

モットンに関する良い口コミは腰痛に関してのものだけではありません。腰対策マットレスと聞くと、硬そうで寝心地が悪いのではないかと考えがちです。しかし、モットンは「寝心地がよい」という口コミも非常に多いです。「朝までぐっすり眠れる」というものもあります。

腰痛重視の方と寝心地重視の方の両方におすすめのマットレスです。価格はリーズナブルなのでコスパが高いです。

\当サイトもっともおすすめのマットレス/
モットンの公式サイトはこちら!

>>モットンの口コミをもっと見る

2.エマ・マットレス

価格(税込み)シングル:108,000円、セミダブル:120,000円、ダブル:132,000円、クイーン:144,000円、キング:156,000円
配送料無料
販売会社名Emma Sleep Japan 合同会社
販売会社住所東京都中央区京橋2-7-8
購入先公式サイトはこちら

エマ・マットレス」は、分厚いマットレスでまるで高級ホテルで寝ているかのような寝心地を楽しめます。「寝心地がよい」「雲の上にいるようだ」という口コミがよく見られます。

エマ・マットレスには高い弾性フォームが使われているため、柔らかいだけのマットレスではありません。理想の寝姿勢で眠ることができます。

エマ・マットレスの公式サイトはこちら!


中立~悪い口コミ

体めちゃくちゃ痛くて全く寝れない。硬い。高い割には機能的に良くないと感じました。個人的なものがあるかもしれないですがもともとキングスタウン等を使っておりましたがこちらの商品は無理でした。

引用元:アマゾン

エマ・マットレスは雲の上にいるみたいと言われることがあるように、柔らかく感じる方が結構います。特に、硬いマットレスからエマ・マットレスに替えた方や硬めが好きな方は腰が痛くなるかもしれません。個人差があるため、合うか合わないかは試してみないとわかりません。

良い口コミ

実は、マットレスはセールで安く販売されることが多いです。もちろん、まったくセールをしないマットレスもあります。エマ・マットレスはセールで安くなることがあるので、セールを狙って購入すると安く済みます。もし合わなくても、100日のお試し期間があるので安心です。「寝心地がよい」という口コミの多い人気のマットレスです。

快適に眠りたいという寝心地重視の方におすすめです。保証が充実しているので、極めて低いリスクで購入できます。

\安心して購入できるマットレス/
エマ・マットレスの公式サイトはこちら!

>>エマ・マットレスの口コミをもっと見る


3.商品名


今後、順次アップしていきます!

迷ったらモットンがおすすめ!その3つの理由とは?




ここまでで10個のおすすめマットレスをご紹介してきました。どれも人気の高い素晴らしいものばかりです。正直どのマットレスにしようか迷っている方も多いと思います。

もし迷っているのであればモットンがもっともおすすめです。
  1. 価格の割にハイスペックなのでコスパがよい
  2. 腰痛対策として人気がある
  3. 体重に合わせて硬さを選ぶことができる

これらの点からモットンを購入する価値は十分にあります。

では、どこで購入すればよいのでしょうか?モットンは、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングでも購入できます。どこで購入しても価格は同じです。それならポイントの付く楽天などで購入した方がお得なように感じます。

しかし、注意しなければならないことがあります。それは90日間の返金保証を受けることができるかどうかです。楽天などでは保証が適用外となっていますが、公式サイトでは購入すれば保証を受けられます。万が一合わなかった時に返品できないと後悔する可能性が高いです。決して安い買い物ではありませんので、保証のある公式サイトで購入されることをおすすめします。


以下のボタンから公式サイトに飛びますので、気になった方はクリックしてご確認ください。

モットンの公式サイトはこちら!


マットレスに関してよくある質問10選


マットレスは何年で交換したほうがいいですか?


マットレスの交換時期は種類によって異なります。コイルマットレスであれば5~10年ほど、ウレタンなどのコイルなしマットレスであれば3~5年ほどが寿命と考えられます。ただし、商品や使い方などによって寿命は長くも短くもなります。

敷布団とマットレスはどちらの上に敷くべきですか?


マットレスは敷布団の上に敷くとよいです。そのようにすると、マットレス本来の寝心地のよさが最大限に引き出されます。しかし、逆に敷くと寝姿勢に悪影響を与えたり、湿気がこもりやすくなってしまいます。

ボンネルコイルとポケットコイルマットレスのどちらがいいですか?


ボンネルコイルマットレスは硬めで寝返りを打ちやすいです。一方のポケットコイルマットレスは柔らかな寝心地を実感できます。硬めが好きな人や腰痛に悩まされている人にはボンネルコイルマットレスがおすすめです。逆に、柔らかめのマットレスで気持ちよく寝たい人はポケットコイルマットレスを選ぶとよいです。どのようなタイプのマットレスを欲しているかによって選ぶようにします。

朝起きると腰痛になるのですが、マットレスはどうしたらいいですか?


マットレスが柔らかすぎると、体圧分散がうまくいかずに腰痛になるケースが多いです。そのため、腰痛の人には高反発マットレスがおすすめです。厚みが10cm以上あるとなおよいです。ただし、個人差があるため、すべての人に当てはまるとは限りません。

マットレスの三大メーカーは?


マットレスの三大メーカーとはシモンズ・シーリー・サータのこを指します。これらはアメリカの有名ベッドメーカーとなっています。

マットレスってどうやって捨てるの?


マットレスは自治体の粗大ごみで処分することができます。自治体によって異なりますが、処分費が1,000~2,000円ほどかかります。また、直接ゴミ処理場に持ち込んで処分することも可能です。

マットレスにシーツは必要ですか?


マットレスにはシーツが必要です。シーツを敷かないと、汗や皮脂が付着して衛生面でよくありません。最悪ダニが繁殖してしまいます。最終的には寝心地にも悪影響を及ぼすおそれがあります。

長年同じマットレスを使っているとどうなりますか?


長年同じマットレスを使っていると、ヘタってきて寝心地が悪くなります。そのようになる前に買い替えるのがよいです。マットレスは定期的に上下を入れ替えて使うと、ヘタりにくく、湿気がこもりにくいのでおすすめです。

マットレス合わないとどうなる?


合わないマットレスで寝ると、睡眠の質が低下してしまいます。疲れがとれなかったり、腰痛になってしまうなど気持ちのよい朝を迎えることができません。これではマットレスを購入した意味がありません。

マットレスで背中が痛くなるのはなぜ?


マットレスで背中が痛くなるのは体圧分散がうまくいっていないためです。体圧分散がうまくいかないと、体圧が背中など特定の部位に過度にかかってしまいます。その結果、血行不良や筋肉の緊張が原因で背中が痛くなってしまうのです。